スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

巨大!! 

先日ご縁があって、あるお方から1/72の飛行機のキットを頂戴しました。
で、1/72といっても、まあ、いろいろある訳でして…。
20070328225618.jpg

…デカイ。
ひたすらデカイ!
皆様先刻ご承知?のエアフィックスのB1-Bでございます。
私の1/72飛行機模型の在庫の中で、それまで「最大」を誇っていた
ハセガワの二式大艇を軽~く抜き去り、堂々の第一位となりました。
20070328225641.jpg

スポンサーサイト
[ 2007/03/28 23:17 ] 頂き物 | TB(0) | CM(8)

1/700 Matchbox Kelly (その2)  

前回に引き続き、マッチボックスの1/700ケリー(K級駆逐艦)を見て
参りましょう。

上部構造物、甲板の部品です。
20070301230730.jpg 20070301230746.jpg
部品の表裏を見る限り、なかなかシャープな出来のようです。
ただ、今現在私が建造中のエクゼターのように、甲板の回りをかなり
削り込まないと艦体に嵌らない、などということもあり得ることです。
まだこのキットは作ったことがないので、これは、作るときの「お楽しみ」と
いうことになりますねぇ。

[ 2007/03/06 20:50 ] 頂き物 | TB(0) | CM(0)

1/700 Matchbox Kelly (その1) 

今現在、本家の「粗製濫造工廠日記」で、高○様より拝領した
マッチボックス 1/700 HMS Exeter を作っております。

で、蜜柑山編のほうでは、同じく高○様よりの頂き物、1/700 Matchbox
HMS
Kelly を見て参りたいと思います。
これも早々に着工し、作り上げ、我が艦隊に編入したいものであります。

ちなみに、私の自宅の展示ケースには全て1/700の艦船の完成品が
大小取り混ぜて100隻ほどあります。
いつのまにやら、大艦隊になっておりますなぁ~。
ボーっと眺めていると、なんだか「提督」になった気分であります。
(あくまで、気分ですけど)

どうでもいい思い出話ですが、私が小学生の頃、プラモデルのフネ、
ウォーターラインシリーズばかり作っていて、さっぱり勉強をしなかった
ため、ある時私の父が激怒し、30隻ほどになっていた私の初代の
艦隊は、怒りの金属バットで粉々に粉砕されてしまいました。
その中で、駆逐艦「吹雪」たった一隻だけが奇跡的に無事でしたが、
涙にくれた小学生の私は、これも廃艦処分にし1から艦隊を再建する
決意を固めました。
…私の模型馬鹿は、この頃からの筋金入りのもののようです。

よい子の皆さんは、プラモデルばかり作って、またこんな下らない
模型のブログを見たりしているようでは、
立派な大人にはなれません。
おじさんを見れば、明らかなことです。
皆さんには、是非勉強を頑張って頂いて、将来の日本を背負って立つ
立派な人に成長して頂きたいものです。
…話しがそれた。。。

それ以後は、フネに限らずプラモデルを塗装するようになりましたが、
大学に入ると他の遊びで忙しく、いつしか完成品たちも埃まみれに
なって
しまいました。(第2代艦隊)
しかし、今でもこの第2代艦隊は地下室に保管してあり(埃+カビ
まみれになっていますが…)、たまにこれから部品取りをしたりして
おります。

ですから、今の展示ケースに収まっている艦隊は、私にとって
第3代の艦隊ということになります。
完成品のレベルが、第2代艦隊よりさほど良くなっているとも思えない
のが、悲しいところです。

[ 2007/03/02 00:21 ] 頂き物 | TB(0) | CM(0)

女王陛下のファントム 

先日の夕刻、「模型の○ろ」に入っていくと、この方とバッタリ。

[ 2007/02/03 23:51 ] 頂き物 | TB(0) | CM(4)

重巡Exeter 

畏友 高○ 氏より、2年ほど前(いや、もっと前?)に無償で供与して
頂いた、マッチボックス社製の英国艦の艦船模型キットたちです。
20070108004723.jpg
今では一般には流通しておらず、ヤフオクなどでもかなりの高値で
取り引きされていますね。
ちなみに、高○ 氏には、他に沢山のキットを頂戴しており、この場を
借りて御礼申し上げます。


さて、頂き物の中で一番欲しかったのが重巡Exeterです。
20070108004742.jpg
プラが2色になっているのが珍しいですが、これは塗装しなくても
ある程度見られるものにしようという、メーカーの親ごころでしょう。
塗装をする際には、下地の色の統一をしなくてはなりませんので、
逆に少し手間が掛かりますね。

[ 2007/01/08 15:41 ] 頂き物 | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。