スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

BACライトニング F Mk.6 (その2・マッチの1)  

実はこの記事は、一昨日昼職場で1回と今日自宅で2回、既に計3回
書いております。
ところが、サーバーに予め送ってある画像をブログに貼り付ける段階で
パソコンがフリーズし、その都度記事が全部吹っ飛び、私の気分も
毎回きっちり壊れております。

おい!何かおかしくないか?fc2。
それとも、俺のパソコンが2台ともボロだとでも言いたいのか??

…若干喧嘩腰の書き出しになっておりますが、皆様には御容赦
頂けますよう、お願い申し上げます。
また、そういった訳で、今日の記事は多少短めになってしまい、
マッチボックス編は3回くらいに分けてうpしていきますので、重ねて
御容赦下さいますよう、お願い申し上げます。

さて、マッチボックスのライトニングは、箱の横に Lightning F6/F.2A.
と書かれております。
私は詳しくはないので、文林堂の「世界の傑作機」で調べてみました
ところ、F. Mk.2A とは、F. Mk.2の寿命延長を図り、二重後退角の主翼、
大型腹部タンク、角型垂直尾翼を装備してF. Mk.6 仕様に改修した
ものとのことです。
また、機首上部のアデン砲が残っているのが特徴とのことでした。

さて、私はマッチボックスのライトニングを二つ持っております。
Matchbox Lightning F Mk.6 001一見同じように見えますが…。

Matchbox Lightning F Mk.6 002上:中国版、下:大英帝国製オリジナル
デカールの色み・レイアウトには若干の違いがあります。

さて、オリジナルのほうから見ていきます。
白・黒・灰色の3色での成型です。
Matchbox Lightning F Mk.6 003

主翼の部品(表裏)
Matchbox Lightning F Mk.6 004 Matchbox Lightning F Mk.6 005
モールドも凹凸併用ではありますが、シャープで好感度大!

主翼前縁が若干「カクッ」と曲がっており、二重後退角が表現されて
います。(私なんか、まっすぐでも、別に気にならないんですが…)
そういえば、フロッグ版で触れるのを忘れたわけですが、フロッグでも
主翼の二重後退角は表現されており、2社のキットとも、自国機に
対する愛というか、こだわりというか、を感じますねぇ。

(次回に続く)

[ 2007/02/16 23:27 ] 買っちゃった | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soseiranzou.blog60.fc2.com/tb.php/22-597783ef





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。