FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1/700 Matchbox Kelly (その1) 

今現在、本家の「粗製濫造工廠日記」で、高○様より拝領した
マッチボックス 1/700 HMS Exeter を作っております。

で、蜜柑山編のほうでは、同じく高○様よりの頂き物、1/700 Matchbox
HMS
Kelly を見て参りたいと思います。
これも早々に着工し、作り上げ、我が艦隊に編入したいものであります。

ちなみに、私の自宅の展示ケースには全て1/700の艦船の完成品が
大小取り混ぜて100隻ほどあります。
いつのまにやら、大艦隊になっておりますなぁ~。
ボーっと眺めていると、なんだか「提督」になった気分であります。
(あくまで、気分ですけど)

どうでもいい思い出話ですが、私が小学生の頃、プラモデルのフネ、
ウォーターラインシリーズばかり作っていて、さっぱり勉強をしなかった
ため、ある時私の父が激怒し、30隻ほどになっていた私の初代の
艦隊は、怒りの金属バットで粉々に粉砕されてしまいました。
その中で、駆逐艦「吹雪」たった一隻だけが奇跡的に無事でしたが、
涙にくれた小学生の私は、これも廃艦処分にし1から艦隊を再建する
決意を固めました。
…私の模型馬鹿は、この頃からの筋金入りのもののようです。

よい子の皆さんは、プラモデルばかり作って、またこんな下らない
模型のブログを見たりしているようでは、
立派な大人にはなれません。
おじさんを見れば、明らかなことです。
皆さんには、是非勉強を頑張って頂いて、将来の日本を背負って立つ
立派な人に成長して頂きたいものです。
…話しがそれた。。。

それ以後は、フネに限らずプラモデルを塗装するようになりましたが、
大学に入ると他の遊びで忙しく、いつしか完成品たちも埃まみれに
なって
しまいました。(第2代艦隊)
しかし、今でもこの第2代艦隊は地下室に保管してあり(埃+カビ
まみれになっていますが…)、たまにこれから部品取りをしたりして
おります。

ですから、今の展示ケースに収まっている艦隊は、私にとって
第3代の艦隊ということになります。
完成品のレベルが、第2代艦隊よりさほど良くなっているとも思えない
のが、悲しいところです。

さて、いよいよ本題に参りましょう。
Exeter同様、これまた、貴重品のマッチボックスのKelly です。
箱絵
20070301230355.jpg
構図がExeter と似ていますね。
絵のタッチも同じようなので、おそらく同じ画家が描いたものでは
ないでしょうか。

組説
20070301230417.jpg表  20070301230438.jpg
Kelly と、同型艦のKipling を作り分けられるよう指示があります。
実は、私はK級駆逐艦の詳しい資料を持っていないので、果たして
この指示でいいのかどうか、判断ができません。
塗装指示もちょっと大雑把な感じですが、これも判断しかねます。
作るときには、大らかにまあこれでよし、と自分の感性に合う
グレーを塗装しようと思います。

キットはExeter 同様、濃淡2色のグレーです。
艦体のほうのランナーは濃いグレーです。
20070301230531.jpg

やはり、艦体は左右貼り合せ式
20070301230557.jpg

拡大してみると
20070301230623.jpg
写真が下手で申し訳ありません。
舷窓のモールドは、これまたExeter 同様、掘り込まれていません。
私は気になるので、これをいちいちピンバイスでさらうことにして
おりますが、こういう作業はあまり気にならないとは言え、正直いうと
チョット面倒、かな?

(次回へ続く)

[ 2007/03/02 00:21 ] 頂き物 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soseiranzou.blog60.fc2.com/tb.php/25-fa73cafa





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。